歯を白くするオフィスホワイトニングとは

歯は色々なことが原因で黄ばんで汚れてしまう可能性があります。 原因は何もタバコだけではないのです。 色の付いた食べ物や飲み物などを継続して口にしていると誰でもが歯が汚れてしまう可能性が出てくるのです。 一番身近なものではコーヒーや紅茶などかもしれません。

これらはし好品ですが好む人も多く、それだけ歯の黄ばみで悩む人も多くなるということが言えるのです。 特に年齢を重ねるとその傾向が強くなり歯の黄ばみ、汚れで悩む人の比率は高くなるのです。 歯の黄ばみなどを取るにはホワイトニングという方法があります。 その中でも歯医者で行うホワイトニングのことをオフィスホワイトニングと言います。

オフィスホワイトニングは歯に直接薬剤を塗り光をあてることでホワイトニングを行っていく方法となり、元々は日本で開発された方法です。 なんといっても医師のもとで施術が行われるので安心して安全に行える方法だということが出来ます。 一回の施術でホワイトニングン効果を実感できることになりますので早く白い歯にしたい人には効果的だと言えます。 ただし、永遠に白さが続くというわけではありません。

歯科医院でのホワイトニングは効果が高い

歯の黄ばみなどは男性でも女性でも気になるものです。 白い歯に憧れるのは性別に関係なく、年齢にも関係なく誰しもが憧れる健康の証のようなものと言えるのです。 黄ばんで汚れた歯を白くする方法にはホワイトニングという方法があります。

ホワイトニングにも色々な方法があるのですが、その中でも即効性があり効果の高いホワイトニングが歯医者で行われるホワイトニングとなります。 一般的にオフィスホワイトニングと言われています。

一回の施術ですぐに白い歯を体感できることとなりますので時間がないような人にはとてもオススメです。 何度も通院する必要もなく30分や1時間程度で終わってしまいますし、何よりも医師が行う施術となりますので安心感が違います。 費用的には数万円かかることもありますが、ほかのホワイトニングの方法と比べると直ぐに白い歯になることが出来るので効果は高いと言って良いでしょう。

ただし、効果は何年も続くものではありませんのでいつも白い歯を意識しているのであれば定期的に通う必要が出てきます。 それでも、半年や1年に1回も通えば十分だと言えるでしょう。

オフィスホワイトニングのメリットとデメリット

オフィスホワイトニングのメリットは、歯科医師が行うため、安全で手間がかからないことです。 施術前には、虫歯や歯周病などの検査も依頼すれば、歯の状態が確認できます。 歯科医師が処置してくれますから、歯並びが悪くても問題ありません。 1回の施術で白さが実感できるのは大きな魅力です。

デメリットは、審美歯科のため自由診療となり、費用は高額になります。 クリニックにより大きな差があり、2~10万円、それ以上のところもあります。 また、着色やケアの仕方もあるのでしょうが、施術後3か月~1年と持続性の低さがあげられます。 効果を維持するために継続するのも大きな負担になります。

高濃度の薬剤を使いますので、知覚過敏になる可能性もあります。 施術後は、24~48時間は禁煙し、着色しやすいコーヒーや紅茶、ワイン、ブルーベリーなどは控えなければいけません。 施術により歯の表面を保護していた被膜が?がれていますので、再生するまでの24時間程度は、刺激のある食べ物や飲み物も避けなければいけません。 高額な費用を掛けて歯を白くするのであれば、できるだけ白さを維持できる王に、正しい歯のお手入れや定期的な受診の必要です。 ホワイトニング 歯磨き粉 ステイン 歯磨き粉 ステイン除去 歯磨き粉 ヤニ取り 歯磨き粉 歯 ヤニ取り

更新履歴